レーザーマーキング(レーザー刻印・レーザー彫刻)のユニコン

見積から納品まで

1.問い合わせ

まずはお問い合わせフォームやメールでちょっとご相談ください。

  • FAX、メールの場合は当社より折り返しご連絡させていただきます。
  • 下記内容をお伝えいただけるとスムーズに進みます。
    • 材質・表面処理 例:アルミA5056 熱処理:H36 表面処理:黒アルマイト
    • 記入する文字や数字、ロゴやマーク
    • 1文字の大きさ、ロゴサイズ
    • 数量やロット数
    • イラストレーターファイルの有無

可能であればイラストレーターで刻印データをメールでお送りください。
無い場合でも弊社で作成可能ですのでご安心ください。

<送付先>


(株)ユニコン 三浦まで

2.検証

刻印処理方法(焼付・白色・彫込・黒色酸化)をお打ち合わせの中で確定し、必要であればレーザー反応テスト(無料)や試作(有料での1個制作から)承ります。

弊社では、お打ち合わせの中で必要と判断した場合もしくはお客様からのご希望が御座いましたら無料のレーザー反応テストや1個からの有料製作も承ります。

レーザー刻印は刻印の際にインク着色はしません(赤色や青色などのカラーには仕上がりません)。

レーザーによる焼付や粗し加工で、文字やマークを形成します。その為レーザー刻印の仕上がり感は材質【表面材質】に影響します。

3.お見積

刻印仕様が決まりましたら、お見積致します。

数千・数万ロットの生産の場合は、弊社で専用治具や自動化位置決めを行うことで刻印費用低減も可能です。

4.ご契約

刻印対象製品を弊社までお送りください。

お客様の製品が入荷されました段階でご注文と致します。
印字配置位置の確認のため、ロット毎に納品数量より数個の予備品をご用意願います。

配送時の振動などでお客様の大切な商品に傷や打痕が無いよう十分にお気をつけください。専用ケースなどをご準備されると安心です。

5.加工・検査

基本的にはお客様からご支給頂いた製品(全数)にレーザー刻印を行います。
その際、不良品等があっても弊社では判断致しかねますので、刻印作業は遂行させて頂きます。お送り頂く際に予めご確認のうえお送り願います(極端な異常が見受けられた際はご連絡致します)。

レーザー刻印は非接触加工のため、製品に傷や打痕はつきませんが、細心の注意をはらい作業を行います。

6.納品

基本的にはお客様から送られてきた荷姿でご指定場所へ発送致します。お送り先が異なる場合はお知らせください。

発送業者様はトナミ運輸、ヤマト運輸です(送料別途申し受けます)。

お支払いについて

  1. レーザー反応テストを行った製品をお送りする際は、着払いにて送料のご負担をお願い致します。
  2. 銀行振込と代金引換からお選びいただけます。場合により代金引換をお願いしております。

マーキングが出来ない場合がございます

  • 1点しかなく代替の無い製品など。
  • 希望される品質のマーキングが出来ない材質のもの、及び表面処理の施されたもの。
  • 特殊な形状のもの。
  • 製品に水や油などの付着物があるもの(ウエス等で拭き取りした程度はマーキング可能です)。
  • 見積内容と異なる場合はお断りする場合があります。 よくある事例:ご提供ファイルの不具合、製品の材質、形状、表面状態やマーキング位置の変更など。
  • レーザーによる熱影響で製品に悪影響を及ぼす場合があります。 特に、曲り、歪、バリ、磁力低下、電子回路の焼損など。
ちょっとご相談